不惑で上京

★不惑で上京

リストラ解雇された後に、東京で再就職したブラック企業を退社した後に、実家に戻らされた田舎者の独り言。

スタジオジブリ新作は来夏。宮崎駿監督は『風立ちぬ』、高畑勲監督は『かぐや姫の物語』。

http://www.ghibli.jp/
http://www.cinematoday.jp/page/N0048613
http://eiga.com/news/20121213/11/


いずみ包(ぽお)さん情報もあり
http://blog.livedoor.jp/poizm/
そろそろかなと思っていたが、ようやく出た感じ。



昨年の邦画興収第一位・宮崎吾朗監督の『コクリコ坂から』は
ジブリの売りであるファンタジーを排した宮崎駿渾身の脚本あって
世間からそれ相応の批判を浴びたが
私は10回以上も劇場で観て、吾郎ワールドを堪能した。


米林宏昌監督の『借りぐらしのアリエッティ
森田宏幸監督の『猫の恩返し
近藤喜文監督の『耳をすませば
など
スタジオの二大巨頭・ツートップの作品以外が好きな天邪鬼な私だが
割りと邦画鑑賞が趣味となった今、来年の公開が待ち遠しい。



風の谷のナウシカ』も『天空の城ラピュタ』も映画館に来なかったので
公民館で観たのは、記憶の彼方のイイ思い出。