不惑で上京

★不惑で上京

リストラ解雇された後に、東京で再就職したブラック企業を退社した後に、実家に戻らされた田舎者の独り言。

「あんたを警察に連れて行くためよ(怒)!!」「いやだー」

寄り道。
豊洲ららぽーとに行ったの。

人生2回目。

靴と鞄が一度に探せる場所、と思案して思いついたのがココ。
東京人になって間もなく2年だが
土地勘が無いと引き出しが少ないという見本。

買わなかったがキープという品物は発見できたので
体調不良での収穫と自画自賛


その帰り道のこと。
10mぐらい先を親子が歩いていた。
ナウシカのような(笑)真っ青なスーツを着たお母さんが先行してて
その後ろを、これまたお洒落な格好の女の子が追いかけていて
詰まる所お母さんが娘を怒っていて
「そこの交番にあんたを連れて行く」云々と
えらい剣幕でどやし付けていた。

人前も気にせず、人目も憚らず。

その親子はガチャガチャ言いながら結局、2番出入り口に吸い込まれ
女の子は交番に連れて行かれなかった。
(と思う)
理由は不明だが
公衆の面前であれほど叱り飛ばせる根性というか理性というか
世の中のカーチャン大丈夫か?と不安になった。

私は親ではないから子供を叱るロジックが理解できないのだが
こういうことの積み重ねが「理解できない若者の行動」につながるのかな?
と短絡的に思った。


その昔「キレる17歳」という悪しき言葉が流行したが
少年犯罪は、この10年では減少(漸減?)傾向だが
https://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/hikoujousei/H25.pdf
小見出しの付いた(なので小見出しが付いている)
殺人や傷害、詐欺などは増加(漸増)傾向にあるなど
二極化してるのかしらね。

子は親の鏡だそうで
親≒世の中が狂っているからこそ子も狂うのだろうね。



豊洲駅のホームドア、一部が透明過ぎて危ない感じ。
ドアのマークも黒色で見えずサインとしての意味を成していない。

(見切れてる青服の青年は先程のカーチャンではありません汗)


東西線に乗るために、なぜか有楽町駅・日比谷駅大手町駅と乗り換え。
飯田橋駅という発想は完全に喪失)
大手町駅は、どこも改装工事中で狭く埃っぽかった。

休日の工事、ご苦労さまです。

地下鉄にロマスンスカー入るんだ!
http://www.tokyometro.jp/romancecar/index.html

これ以上歩くのイヤだし
三鷹まで一眠りできると乗り込んだら

中野止まりでした。
言えよ。
(↑聞いてないだけ)




http://tamashii.jp/item/10623/