不惑で上京

★不惑で上京

リストラ解雇された後に、東京で再就職したブラック企業を退社した後に、実家に戻らされた田舎者の独り言。

三沢基地(米空軍・航空自衛隊)騒音被害が増大するため集団移転する地域が出るかも。

 

 

三沢基地の“騒音” 防衛省が周辺でより本格的な調査実施へ|NHK 青森県のニュース

03月30日 18時26分

三沢基地に隣接する一部の地区で騒音の暫定値が集団移転の基準を上回っていたことを受け、防衛省は来月以降、周辺でより本格的な調査を実施することを明らかにしました。

三沢基地に隣接する岡三沢5丁目と6丁目では長年、自衛隊アメリカ軍の戦闘機などの騒音が大きいとして集団移転を求めてきました。

防衛省はおととし8月から1年間測定装置を設置して騒音データを収集してきましたが、一部の地区では暫定値で集団移転の基準を上回っていました。

これを受け、防衛省はより詳しい状況を把握するため来年度から2年間、基地周辺の広い範囲で本格的な調査を実施する方針を決め、30日、三沢市など周辺自治体に報告しました。

具体的には基地周辺の航空機の騒音のほか飛行経路や飛行回数のデータなどを収集するとしていて、調査する場所などは今後調整するとしています。

一方、航空自衛隊の最新鋭の戦闘機F35は現在、三沢基地に33機配備されていて今後も配備が続く計画ですが、防衛省は「F35の配備完了後の運用も考慮し調査を実施する」としています。

三沢市の小桧山市長は「岡三沢の早期移転は長年、国に要望してきたもので、今回の調査開始は『一歩前進』と受け止めており今後の動向を注視する」と述べました。

また、岡三沢6丁目町内会の小泉愃司会長は「調査の実施は前向きに捉えているがF35の騒音は特にひどく一日でも早く移転できるよう今後も国などに求めていく」と話していました。

 

 

三沢市長「移転に一歩前進」/基地周辺騒音調査|環境,行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥

2023年3月30日

 在日米軍航空自衛隊が滑走路を共有する三沢基地青森県三沢市)周辺の騒音を巡り、国が移転や防音工事を助成するための線引き、いわゆる「騒音コンター」を見直すため、2023年度から2年間、騒音度調査と呼ばれる本格的な調査を行うことが30日、明らかになった。「騒音状況の変化」が理由。より精緻なデータを取り、騒音に長年悩まされてきた基地近くの三沢市岡三沢5、6丁目住民の移転の可否を決める。

環境 米軍三沢基地 行政・政治・選挙
東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。

三沢基地(青森県)の騒音区域、国が見直しへ 2023年度から周辺調査(Web東奥) - Yahoo!ニュース

3/30(木) 22:00配信

 在日米軍航空自衛隊が滑走路を共有する三沢基地青森県三沢市)周辺の騒音を巡り、国が移転や防音工事を助成するための線引き、いわゆる「騒音コンター」を見直すため、2023年度から2年間、騒音度調査と呼ばれる本格的な調査を行うことが30日、明らかになった。「騒音状況の変化」が理由。より精緻なデータを取り、騒音に長年悩まされてきた基地近くの三沢市岡三沢5、6丁目住民の移転の可否を決める。

 小桧山吉紀市長は同日午前、東北防衛局の市川道夫局長と面会。騒音度調査実施の報告を受けたという。市長は午後の会見で「岡三沢5、6丁目の早期移転に向け、ようやく一歩前進した思い」と語った。

 騒音コンターでの線引きは、最も騒音が大きい第3種区域から第1種区域まで分けられる。基地周辺の最後の指定は1999年で24年経過し、基地の訓練環境は大きく変化。空自には最新鋭ステルス戦闘機F35Aの配備が進み、近隣住民からは「騒音が年々ひどくなった」「指定区域が実態に見合っていない」といった声が上がっている。

 また東北防衛局が、移転対象区域外だった岡三沢6丁目で1年間測定し暫定値を出したところ、実際は移転基準値を1デシベル上回っていたことが判明していた。

 空自のF35Aは33機が配備され、今後2年かけて42機態勢となる。東北防衛局は騒音が最も大きくなると予想される配備終了の2024年度まで、民間業者に依頼し飛行経路や回数のデータを収集。その後1年かけ精査し、結論を出す見通しだ。

 騒音コンターは三沢市だけでなく東北町、六戸町といった近隣自治体も対象に含まれる。ただ戦闘機の訓練コースが以前と変わって太平洋上となる頻度が高まっており、滑走路から遠い場所では防音工事の助成対象となる第1種区域が狭まる可能性も指摘されている。

 ◇

騒音度調査 住宅防音工事などを実施する対象区域を定めるため、根拠となる騒音状況を確認する準備作業。飛行回数や騒音の継続時間といったデータを収集・解析し、算出した同じ値を結ぶようにして線を描き、区域を定める。単位は「Lden」(エルデン)値。住宅防音工事の助成対象となる第1種区域は62デシベル以上、移転補償の対象となる第2種区域は73デシベル以上、緩衝緑地帯の整備が必要な第3種区域は76デシベル以上。

 

 

三沢基地周辺の騒音問題 解決に向け調査実施へ | ABAニュース

2023.03.30(木) 18:45

市長は、住宅移転の大きな一歩と力を込めました。三沢基地周辺の騒音問題について、本格的な調査が2023年度から2カ年にわたり行われることが決まりました。

三沢市 小桧山吉紀市長】

本来であれば、F-35A戦闘機が全機配備されてから騒音度調査が実施されるところ、少しでも早く騒音度調査に着手していただけたことは大変ありがたく、また市と市議会が国に対し粘り強く訴えてきた三沢市の現状を国にご理解いただけたものと感謝しています」

これは、本格的な騒音度調査が国で予算化されたことを受け、三沢市の小桧山吉紀市長が会見を開いたものです。

アメリカ軍と航空自衛隊が滑走路を共有する、三沢基地周辺の岡三沢5丁目、6丁目の地区。長年にわたり日夜、航空機の騒音に悩まされてきましたが、住宅移転の対象エリアではない区域に指定されてきました。

基地へ配備される航空機の機種が変わり、騒音状況が変化しているにも関わらず、1999年に指定されて以降、エリア見直しの前提となる本格的な騒音度調査は行われていません。調査は2023年度からの2年間行われ、その結果によって改めて基地周辺の移転対象区域が指定されます。

三沢基地周辺の戦闘機の騒音問題 解決に向け本格的な調査へ(ABA青森朝日放送) - Yahoo!ニュース(3/30(木) 18:55配信)

 

 

三沢基地周辺 騒音区域見直しへ(RAB青森放送

2023.03.30 18:57

 国は三沢基地周辺の騒音を巡り移転や防音工事などをするために線引きした区域を見直す調査を来年度から始めます。

 今後周辺住民の集団移転についても判断されることになります。

 国の調査は三沢市の小桧山市長が会見で明らかにしました。

 三沢市では住民の集団移転などの基準となる航空機の騒音を示した区域が1999年に策定されました。

 最も騒音が大きい「第三種区域」から「第一種区域」までに分けられています。

 2018年から航空自衛隊のF35戦闘機が配備されるなど最新鋭の機体が飛行し騒音の状況が変化しているため国は区域の見直しを決定しました。

 三沢市では基地に隣接する岡三沢5丁目と6丁目で去年測定された航空機の騒音が集団移転の基準となる73デシベルを超えていました。

 このため国に集団移転を求めていました。

 区域の見直しによって移転対象区域も指定されることから住民は今後の動きを注視しています。

★岡三沢6丁目町内会 小泉愃司 会長

「移転を早くやってもらいたいと みんな大変ですよ 私のところに苦情がいっぱいきます なんとかしてくれないとね みんな大変なんですよ 住んでいる人は騒音で」

三沢市 小桧山吉紀 市長

「騒音度調査の結果により移転対象区域等が指定されることから調査の動向を注視してまいりたい」

 国は住民から意見を聞きながら調査場所を決定し2年かけて騒音調査などを行う予定です。

三沢基地周辺 騒音区域見直しへ (青森県)(青森放送) - Yahoo!ニュース(3/30(木) 18:57配信)

三沢基地は、岩国基地とは異なり、一応は臨海部だが、基地自体は内陸にあるためか

動画を見ると、岩国のように海上での旋回訓練ではない様子。

三沢基地 騒音 範囲 - Google 検索

国家国防のために発生する騒音により、移転を余儀なくされる。

移転先や移転にかかる費用は国が準備して当然。

 

 

 

防衛省・自衛隊:三沢飛行場

当該地は右下の辺りかな。

図示は最も酷い「第3種」ではなく「2種」なので、途中で変わったのかな?

 

 

 

岩国基地は集団移転の話は無いね。

防衛省・自衛隊:岩国飛行場

ホーム >防衛省の取組 >防衛施設と周辺地域との調和・環境保全 >調和を図るための施策 >移転対象区域 >岩国飛行場

問い合わせ先

 

 

滑走路を沖合に1000m移設したので、本当なら騒音被害は減るはずだったが

厚木基地から空母艦載機部隊が移転し、所属機数が倍増し、かえって被害は拡大した。

国家的国際的な特殊詐欺犯罪・騙し討ちに遭ったワケよ。

 

岩国基地 騒音 範囲 - Google 検索

騒音, コンター の検索結果 - ★不惑で上京

範囲に含まれない市街地にも、轟音が届く。

継続時間が短いので「うるささ指数」としては下がるため

「うるさくない」と算出されるだけで、うるさいものはうるさい。

 

 

 

年始にあった。

三沢・騒音測定装置改修へ|環境|青森ニュース|Web東奥

2023年1月18日

岡三沢5丁目の騒音測定装置。高さを約3メートル引き上げて9メートル近くにし、音を拾いやすくする=17日午後、三沢市

 三沢基地青森県三沢市)近くの岡三沢5丁目で、騒音データが正確に測定されていない-と指摘されている件で、東北防衛局が測定装置の改修に乗り出すことが17日、同局などへの取材で分かった。地元住民は「精緻な値が把握でき、実態が明らかになるだろう。(目標の)集団移転に一歩進んだ思い」などと話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。
登録は「東奥日報デジタルポート」から

故郷を離れることを希望するほど騒音被害が酷いのか。

 

東京にいた頃でも(忘れているだけかもしれないが)基地被害のニュースは

厚木ぐらいだったかな、福生(横田)などは無かったと思う。

首都圏以外なら尚更。

ただ、なぜか沖縄だけはしつこくやってた。

 

千歳も凄いごう音だったし、スクランブルする小松基地も酷いと聞くし

地域を特定せず、広く国防に貢献する地域の実情を知らしめていいのにね。

おかしな現実。

 

 

その前

騒音基準値超え、集団移転へ調査 三沢基地 /青森 | 毎日新聞

毎日新聞 2022/9/29 地方版 有料記事 408文字

青森県三沢市岡三沢6丁目に設置されている騒音の測定装置

 米軍と航空自衛隊が滑走路を共用する三沢基地青森県三沢市)周辺の住宅地で、戦闘機などによる騒音が、国の定める集団移転対象となる基準値を超えていたことが、防衛省や市への取材で分かった。同省は移転の検討に向け、本格的な調査に乗り出す方針。

 自衛隊や米軍の戦闘機などの騒音が大きいとして、隣接する岡三沢5、6丁目の住民が国の費用に…

この記事は有料記事です。 残り245文字(全文408文字)

 

 

 

 

 

自衛隊

東北防衛局 ホーム>三沢防衛事務所所在案内   

https://www.mod.go.jp/rdb/tohoku/organize/access2.html

3月30日    「三沢飛行場第一種区域等見直しに係る騒音度調査の実施について」を更新

https://www.mod.go.jp/rdb/tohoku/gyomusyokai/10_boontaisaku/oshirase/jyuutakubouon/20230330.pdf

 

 

三沢基地|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊

特に無し

 

 

三沢飛行場 - Wikipedia

騒音被害や集団移転の記述は特に無し。

cf.岩国基地

岩国飛行場 - Wikipedia

たっぷり。

 

 

エリート部隊の空軍と、殴り込み部隊の海兵隊では

同じ米軍といえど、兵士の質が違うので、より悪質な騒音被害となっている偏見。

 

 

 

 

 

最近のBGVのひとつ「とよちゃんガレージ」は岐阜県にある。

とよちゃんガレージToyoGarage - YouTube

動画内で時々、航空機騒音が聞こえるので、恐らく各務原市航空自衛隊岐阜基地

滑走路から10kmとか(?)の、そこまではうるさくない所にあるっぽい。

 

防衛省 近畿中部防衛局 東海防衛支局

東海防衛支局ホームページ

05.3.8 岐阜飛行場周辺における航空機騒音の測定結果について(2月分)

航空機騒音測定結果

2.測定地点図

https://www.mod.go.jp/rdb/tokai/oshirase/5-bouon/jyuutaku-bouon/gifukichi-souonmap.pdf

赤色の「第一種区域」の範囲よりは外側と思う。

これより内側の騒音では、とても収録に耐えられないと思う。 

 

[イワクニ 地域と米軍基地] 防音工事 対象を拡大 防衛局「うるささ」80以上に | 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター

18年6月1日

 中国四国防衛局は31日、米軍岩国基地(岩国市)への空母艦載機移転に絡み、住宅全体の防音工事の対象区域を本年度から拡大すると市に説明した。うるささ指数(W値)の基準を現行の「85以上」から「80以上」にし、新たに基地周辺の約278ヘクタールを対象にする。市が安心安全対策として拡大を求め、国は実施を約束していた。

岩国市由宇町の人工海岸「潮風公園 みなとオアシスゆう」は緑色の凸部にあるが

Google マップ

あんだけ離れていても(滑走路南端からオアシスまで11kmぐらい)

北に向かって離陸する時は、ゴーゴーとジェットエンジンの音が聞こえて来る。

米軍機騒音実態 市民ら現地調査 岩国市由宇町 | 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター

13年9月20日

コンター図を見ると分かるが

航空機騒音は、飛行方向の横方向には案外と届く距離が短い。

同心円状には広がらない。

縦方向はエンジン出力にもよると思うが、全開だろう離陸時は10キロも届く。

その勢いで旋回すると、市街地の移転対象区域の外側にも

中国新聞の記事では岩国駅に隣接する英会話教室のある地域にも

短時間ながら会話が成立しないほどの轟音が届く。

 

 

大竹市の市役所の沖側の埋立地

ナタリーフジのある―宮島を挟んだ(超えた)臨海部でも

航空機騒音、20地点で指数最大 空母艦載機の移転後で 米軍岩国基地の周辺自治体 | 中国新聞デジタル(2022/5/24(最終更新: 2022/5/25))

5分も10分も続く訳ではないが、回数は日に何度も、そして何日も、そして何年も。

辟易する。

 

 

パイロット・戦闘機は飛ぶのが仕事なので、飛行訓練自体を悪く言うつもりは無いが

 (練習というなら、自動車学校の車が公道で路上教習しているようなもの)

 (騒音というなら、トラックやダンプが荷物満載で爆走しているようなもの)

毎日、珍走団が走って来る感じ。

大黒PA、音響族・ネオン族の「聖地」 県警、対策に注力 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞(2018年8月19日(日) 17:30)

神奈川県警察はアピールしているが

神奈川県鶴見警察署 暴走族対策

こちらの騒音は、警察や日本国政府ですら手出しできない始末。

 

 

 

今日はこのぐらいでええか。きりがない。